銚子出身プロ野球選手のカード



1.もともとは、銚子市出身の篠塚選手や、お山出身の石毛選手のテレホンカードを集めていましたの
 で、このコーナーもテレホンカードを使った「遊び」ということで作成しました。(お山=市立銚子高)
  また、平成15年(2003年)頃からトレーディングカードも集め始めましたので、これも加えました。
 テレホンカードが作成されなくなったため、コレクションを広げるために集め始めましたが、「テレホン
 カード」である必要はまったくありませんね。切手のように製作に制限があるわけでなく、誰でも作製
 できるテレホンカードは、その自由さがかえって仇になったように思います。
 
2.「銚子出身」は銚子市生まれということではなく、銚子商業高校、市立銚子高校出身者を示します。
 ・石毛宏典選手は旭市生まれ(市立銚子高校卒業)
 ・宇野勝選手は八日市場市(現在は匝瑳市)生まれ(銚子商業高校卒業)
 ・銚子利夫選手は波崎町(現在は神栖市)生まれ(市立銚子高校卒業)などです。
 ※2016年10月20日のプロ野球ドラフト会議で、榊原翼選手が育成2位指名を受けて、オリックス・
  バファローズに入団しました。榊原翼選手は1998年8月25日生まれ、銚子市立高神小学校、銚子
  市立第二中学校を卒業して、さいたま市の浦和学院高校に進学しています。これまでとは逆の
  ケースですが、「銚子出身プロ野球選手」に加えることにしました。 (2019.4.1)
 
3.カードについては縮小して掲載しました。カードの雰囲気を伝えられれば、と考えています。
 
4.トレーディングカードについては、所持していないカードも相当数あります。これらについては、番号
 等を掲載しました。サインカード、ジャージカード等のインサートカードについては、持っていないカー
 ドも多いので、所持しているカードのみ掲載し、所持していないカードは情報を掲載しました。
 ※「高級版」の限定カードが何種類も発行されるようになったので、情報のみの掲載は止めることに
 して、所持しているカードのみの掲載にしました。(2020.10.9)
 
5.残念ながらカードが発行されていない選手については、記録のみを掲載しました。なお、記録につ
 いては、トレーディングカード裏面掲載の内容ほか、適宜球団関係記録等を参照しました。



銚子出身プロ野球選手名鑑


テレホンカード・オレンジカード目録


トレーディングカード目録




2009.9.3 open 2020.10.9 update

2020.10.9
 『BBM2020 読売ジャイアンツヒストリー 1934-2020』の篠塚和典選手、石毛博史投手を加えました。篠塚選手のカードの大きさを、今回掲載分から少し大きくしました。
 また、持っていないサインカードは情報のみ記していたのですが、今回カットしました。高級版ということで、発行枚数1枚限定カードが何種類も作成されるなど、追い続けるのは難しくなったし、完集は絶対に無理になったからです。

2020.9.5
 エポック社から発売の『日本プロ野球OBクラブ CAREER ACHIEVEMENTS 2020』に石毛博史選手が入りました。石毛博史選手のページに新入手のカードを加えました。

2020.8.20
 エポック社から発売の『EPOCH 2020 阪神タイガース STARS&LEGENDS プレミアムベースボールカード』に石毛博史選手が選出されました。シリアルナンバー付きのレギャラーカードと直筆サイン入りのカードを入手しましたので、加えました。

2020.7.7
 榊原翼投手のページに2020年発行のカードを加えました。

2019.9.23
 榊原翼投手のページに2019年発行のカードを加えました。

2019.4.28
 「銚子出身プロ野球選手名鑑」にオリックス・バファローズの榊原翼投手の情報を加えました。 木樽投手のページに『ロッテオリオンズ〜千葉ロッテマリーンズ 50th Anniversary ベースボールカード』を加えました。

2019.2.14
 カード目録のエポック社のカードを独立させました。OBクラブのカードなど超高級版です。

2017.9.15
 根本隆投手の大洋ホエールズ時代のタカラプロ野球カードを入手しました。昭和53年発行のカードです。

2017.5.11
 宇野勝選手を中心に更新しました。

2016.5.22
 久し振りに更新しました。カードはけっこう入手しているのですが、ブログで触れるだけで、こちらの更新は進んでいません。今回、木樽正明投手、根本隆投手、土屋正勝投手の項を更新しました。

2014.9.30
 「選手名鑑」の篠塚利夫選手のページを更新しました。昨年ブログで篠塚選手のテレホンカードやトレーディングカードについてまとめた時に作成したのですが、アップしないまま1年が過ぎてしまいました。カルビーカードが未整理なので、これが完成してからと考えたのだと思います。まだカルビーカードについては手を付けていないのですが、その他の部分をアップしました。

2013.9.15
 「ドリーム・ベースボール」参加の、銚子利夫選手のカードを更新しました。

2013.9.7
 9月1日の日曜日、銚子市営球場で、銚子市制施行80周年記念「ドリーム・ベースボール」が開催されました。金田正一さん、谷沢健一さん、藤田平さん、堀内恒夫さん、加藤秀司さん、村田兆治さん、大島康徳さん、桑田真澄さんなど24名のそうそうたるメンバーでした。銚子出身の篠塚和典さん、銚子利夫さん、澤井良輔さんもドリームチームのメンバーです。この機会に『選手名鑑』の3選手のカードを整理する事にしました。最初は澤井良輔選手です。

2013.1.18
 「BBM2013 ジャイアンツレジェンド」に石毛博史投手が入りました。『銚子出身プロ野球選手名鑑』の石毛博史投手の項を改定しました。なお、篠塚利夫(和典)選手も当然入っているのですが、こちらはまだ整理が済んでいません。

2012.9.8
 エポック社の「日本プロ野球OBクラブオフィシャルカードセット『エースの系譜』」に、木樽正明投手が登場です。『銚子出身プロ野球選手名鑑』の木樽正明投手の項を改定しました。

2012.4.8
 長谷川昌幸投手が昨シーズン終了後引退しました。これで銚子出身の現役プロ野球選手はいなくなりました。寂しいですね。『銚子出身プロ野球選手名鑑』の長谷川昌幸選手の項を更新しました。
 『トレーディングカード目録』については、まだ未完成ですが一応全部アップしました。画像はこれから順次アップしていきます。

2011.2.23
 新しいレンタルサーバーに移転しました。トレーディングカードについては、BBMカード、カルビーカード、タカラプロ野球カード、その他のカードに分けることにしました。今回タカラプロ野球カードについてもアップしました。
 昨シーズン途中で、長谷川投手が広島からオリックスにトレードになりました。現在ただ一人の「銚子出身」のプロ野球選手です。がんばって欲しいですね。

2010.3.3
 先日、野球体育博物館で調査してきた内容により、各選手のページを作成しました。選手名鑑の選手名から入ることができます。まだ不明の部分も多く残っておりますので、調査を続けたいと思います。間違いを見つけたときは御指摘いただけるとありがたいです。
 BBMカードを少し更新しました。カルビーカードについては持っていないカードが多いため、どのような形でアップするか、考慮中です。

2009.10.21
 「トレーディングカード目録」を更新し、BBMカード全体をアップしました。このベースボールマガジン社制作のスポーツカードはプロ野球カードコレクションの基本であり、最近ではすべてのプロ野球選手がカード化されています。ただ、残念なことに近年は銚子出身のプロ野球選手が少なく、新人のカードもありません。2009年現在で現役選手は広島東洋カープの長谷川選手のみです。
 偉大なプレーヤーであった石毛宏典選手、篠塚選手、宇野選手については、現在もヒストリックコレクションやチームセットの中でカードが発行されています。(直筆サインカードはなかなか入手できませんが・・・。)
 また、石毛博史選手や澤井選手は独立リーグのコーチとして活躍されていますから、これらのカードもぜひ発行していただきたいですね。

2009.10.5
 渡辺進選手をアップしました。『タカラプロ野球カードゲーム』の内、53年度、56年度、57年度は持っていません。

2009.9.30
 『サントリー ザ・プレミアム・モルツ ドリームマッチ 2009 ベースボールカードセット』が発売になりました。往年の名選手たちによるドリームマッチのカードです。石毛宏典選手と尾上 旭選手がカード化されています。特に尾上選手はBBM初登場ではないでしょうか。また、8月下旬には『BBMヤクルト球団40周年カード』が発売され、渡辺 進選手がカード化されています。今回は尾上選手についてアップしました。「選手名鑑」から入ることができます。カードはかなり縮小しましたが、現在は引退されてますので、ご了解が得られればもっと大きくしたいですね。

2009.9.3
 「銚子出身プロ野球選手」をオープンしました。「タワーめぐりの旅」に続く、テレホンカードを使った「遊び」の第2弾です。プロ球界での経歴が不明の部分も多くありますので、今後も調査を続けたいと考えています。トレーディングカード(スポーツカード)については、順次アップして行きます。